忍者ブログ

きまぐれコロンビア案内

コロンビア生活日記です

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ボゴタでドラマの撮影

もちろん、ボゴタでドラマの撮影が行われること自体は珍しくありません。でもこれはテレノベラとかではなく、アメリカで放送されるドラマの話。しかも舞台は南米ですらなく、ロサンゼルスです。

要するに撮影のコスト削減のためにボゴタに来たらしいのですが、ひょっとしてボゴタが次なるバンクーバーに?

ドラマのタイトルは Mental で、ロサンゼルスの精神分析医の話らしいです。制作は FOX Telecolombia だとか。ここはこれまでにも FOX で放送している Tiempo Final というドラマも作っているそうです。1話だけ見たけど、コロンビアが絡んでいたとは知りませんでした。

そういえばカナダドルが高騰したのでバンクーバーでのドラマ製作が苦しくなってきたという話を見かけたような気がします。コスト以外でのドラマ撮影における利点といえば、ボゴタの気候が安定していることでしょうか。バンクーバーで撮影しているドラマの裏話とかで、「野外ロケが寒くて死にそうだった」という話をよく見ますが、この点が解消されますし。

街並みなんかを撮るとアメリカじゃないってバレバレですが、その辺はセットなりカット挿入とかでごまかせば、それこそ森とかはわりと使えるんじゃないでしょうか。というか、実際市外でのロケは行われたようです。ボゴタ近辺の植生は熱帯じゃないですしね(アメリカのドラマを見ていると「ボゴタ郊外のジャングルで……」みたいな台詞が普通に出てくるんですよね……)。

しかし今回ちらっと新聞に載っていた記事によると市街地ロケも行われたようです。ただしその市街はロサンゼルスではなくイラク。ロケ地は Calle 22 の 32~34 あたりとか。市の中心部がイラクの戦場として違和感なく使える首都というのもちょっと微妙か(国軍も協力したらしい……)。

新聞の写真ではその「イラク」の向こうにモンセラーテの山がちょっと写っています。実際にドラマになったらそういうのは映っていないかもしれませんが、ドラマの編集って意外と適当だったりするので残っているかも。楽しみだなー。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

タイは撮影隊を世界中から受け入れていて
撮影環境もスタッフの数とレベル、機材も
素晴らしいです。世界中の大手化粧品CMで髪の毛がふわっと揺れるカットがありますが、あの風を使う技術を継承する職人さんはタイの方で超高給とりです。コロンビアがもしそんな風になったら素晴らしいのですが。

無題

タイが撮影分野にそれほど実績があるとは知りませんでした。
コロンビアの技術者なども地味に進出しているらしいのですが(ペイリンのメイクをコロンビア人がやってるとか)、結局、技術があるとアメリカに流出してしまうのが困ったところですね。

カレンダー

09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

最新コメント

(08/05 narumi)
(08/05 X^2)
(07/21 narumi)
(07/21 andaluza)
(07/20 narumi)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:
99年からボゴタ在住。
家族は現地人の夫と犬2匹。

バーコード

ボタン

<<フアン・バルデスの携帯ポット  | HOME |  物価安定?>>
Copyright ©  -- きまぐれコロンビア案内 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ