忍者ブログ

きまぐれコロンビア案内

コロンビア生活日記です

   
カテゴリー「風景」の記事一覧

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


メデジンまでドライブ(1)

17日から20日まで、メデジンに行ってきました。最初と最後の日はまるまる移動日です。

移動手段はレンタカー。経済事情もあり、その会社にあった最も小さいシヴォレーのスパークです。


非常に切りのいい番号が付いていますが、これが旅行の予定に思わぬ影響を及ぼすことに。

コロンビアの都市にはピコ・イ・プラカというラッシュ時間帯にナンバーがある末尾の車は市内を走れないという法律があるのですが、17日の月曜日にはこの車の1が見事にこれに引っかかってしまいました。朝6時頃まったり出発しようと思っていたのですが、ピコ・イ・プラカは6時から。6時までには市外に出なくてはいけないということでほとんど夜逃げのような出発になりました。といってもうちは幸い市の境界までさほど遠くないので、5時半に出発して15分も経たないうちに市から出られました。

ボゴタは標高2600m、メデジンは1500mですが、それぞれが別々の山にあるのでいったん海抜0m(に近い場所)まで降りなくてはなりません。コロンビアでは高さによって気候が決まるため、晩秋のようなボゴタから真夏の場所まで1日でさまざまな気候が楽しめてある意味お得。別の意味では過酷ですが、庶民の国内移動はバスが主流の国ですからコロンビアの人にとっては当たり前のことです。

出発の2時間後。まだ寒い。あたりには霧が。

街道沿いの売店や小さいレストランなどはだいたいこんな感じ。

5時間も経つと暑くなってきます。ちなみにこの車、エアコンは付いていません。


暑いさなか、とりあえず休憩。ここのオレンジジュースはおいしかった。しかしこの店員のお姉さん、写真はイヤだということで顔を避けたのですが(本人にも見せました)、そうすると胸元が強調されちゃってるような。それはいいのか。


一番低い場所ではマグダレナ川が見られます。

コロンビア最大の川だそうです(アマゾンは別)。コロンビアに初めて来て2カ月後にバランキージャの義兄の家で2週間ほど過ごしたのですが、バランキージャからちょっと車で移動するといつもこの川を見ることになります。久しぶりに見ましたが、私の中で南米らしい風景といえばこの川という気がします。

川が蛇行しているためかこのルート中、マグダレナ川を3回渡りますが、2回目の橋は空軍基地のすぐそばにあって撮影禁止。最も写真を撮りやすいのはメデジン寄りの橋です。

やがて道はまた上ります。メデジンのあるアンティオキア県は馬産の盛んなところ。急な傾斜地で木材などを運ぶためにも馬やラバがよく使われています。

この写真は実際には帰りの朝撮ったので霧が出ています。

メデジン市内は実はほとんど観光していません。犬連れだったこともあるし、目的が夫の兄一家の訪問だったこともあります。

着いたとき既に暗くなっていましたが、市の中心を流れる川沿いに度胆を抜かれるようなイルミネーションが。写真は車の中から撮っているのでそれは伝わらないと思いますが、川の上一面に電球が張り巡らされ、さらにこのように大きなツリー状の物体が。どれだけ電気を使うんだ。

別の場所にはこういうのも。なんかのRPGにこういうモンスターがいた気がする。四角く黒いのは道路の行き先標示板です。

PR

ボゴタ西部の住宅地

トランスミレニオが開通したのは確か2000年の暮れぐらいだったかと思いますが、そのときにポルタル・デ・ラ・80のこの駅もできました。できた当初はこんな感じ。


ほかの写真に比べてサイズが小さいですが、度重なるPCの引っ越しにより、元の画像が失われてしまってこれしかありません。

これとは角度が違うので単純に比較できないんですが、このときこの駅の周囲はがらんとして特に何もありませんでした。

しかし今はこんなショッピングセンターが隣接しています。


12のサラ(部屋の意味。日本語ではあのシネコンの中身のひとつひとつを何というのでしょうか)を備えた映画館もあり、けっこう大きいです。


内部はすっかりクリスマス気分。

中央が吹き抜けなのはショッピングセンターの定番です。ここは吹き抜けの上に屋根がありません。吹き抜けに面した2階のカフェの席などはけっこう寒いので暖房完備。

この辺はアパートが建ち並ぶ住宅地が広がっています。しかしトランスミレニオ開通前は非常に交通が不便な場所でした。私がボゴタに住み始めた頃は既にトランスミレニオの工事が始まっていて常に道路は工事中。この辺に夫の兄一家が住んでいましたが、バスなどで訪ねてもいったいどこを走っているのかよくわからず、本当にボゴタの一部なのかと思えるほどでした。

その後トランスミレニオが通ってから私たちもここに引っ越しましたが、その頃は買い物する場所も少なく、スーパーといっては住宅地に点在する2軒ほどというありさま。しかし今ではこれを初め、住宅地内部にウニセントロの支店ができたりと店も増え始めています。

私たちはこのショッピングセンターができる直前にちょっと離れたところに引っ越しました。トランスミレニオで数駅なのでたまに買い物などに来ますが、このショッピングセンターによって周辺道路などは非常に混むようになり、人通りも多いので、今ここに住んでいなくてよかったという気もします。

セントロを歩く

久しぶりにセントロに行きました。


プラサ・デ・トロス(闘牛場)の近くでランチ。ここ、近くにはときどき来ますが中に入ったことがありません。たまにコンサートもやってます。

ランチの写真は省略。マス料理が目玉という店。感動するほどおいしいとは思いませんでしたが、夫は非常に気に入っている様子。


妙に心ひかれた路地。


セントロあたりでよく張ってあるコンサートなどのポスターって、なぜこうも壁面になじんでいるのでしょうか。何年も前のポスターのようです。今週のコンサートなのに。場所はプラサ・デ・トロスではなく、テアトロ・ホルヘ・エリエセル・ガイタン。キューバのオルケスタ・アラゴンです。見にいく予定です。


おー、この空がちょっと南米っぽいと思ってカメラを構えていたら、後ろから忍び寄った警備員のお姉さんに、あれ(左)は銀行のビルだから撮影は禁止だと言われました。普通の歩道の上です。しかしメモリを消せとは言われませんでした。本当にこんなわけのわからないものを撮影したとは思われなかったのかも。彼女が連れていたチョコラブが私のジーンズを熱心にかいでいました。


これはセントロではなく、帰ってから家の近所で撮ったもの。夕方なので平地は薄暗いですが、東のアンデスはまだ明るいです。雲の影が山に落ちています。

カレンダー

05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

最新コメント

(08/05 narumi)
(08/05 X^2)
(07/21 narumi)
(07/21 andaluza)
(07/20 narumi)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:
99年からボゴタ在住。
家族は現地人の夫と犬2匹。

バーコード

ボタン

 | HOME | 
Copyright ©  -- きまぐれコロンビア案内 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ