忍者ブログ

きまぐれコロンビア案内

コロンビア生活日記です

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


ボゴタの小劇場

ボゴタで大量の雹が降って大騒ぎだったことはきっとみなさんご存じなのでしょう。月に一度の更新があるかないかのこんなブログでさえ、ふと昨日のアクセスを見たら100近くになっていました。すごいですね、雹。

しかし雹については書くことがありません。あの時間、ちょうど外出先から帰ってくるところで、タクシーから家にたどりつくまでにずぶ濡れになってしまったのですが、うちのあたりは「あー、雹が混じってるなー」程度で、被害らしい被害はありませんでした。すごかったことは翌日の新聞写真で知ったくらいです。あれほど大量に降ることはめったにないにしても、雹自体はさほど珍しいことではありません。しかしあの写真で流されていた車ってどうなってしまうんでしょう。廃車でしょうか。保険は利くんですかね。

そんなこんなで、雹のことには触れずに、先週木曜日に行ったイベントの話をしたいと思います。

小劇場というのは懐かしい響きです。学生時代はよく小劇場の芝居を見に行ったものです。とはいえ小劇場の芝居を積極的に選んで見ていたのではなく、アマチュア~小劇場の芝居は安かったのです。下手をすると映画を見るよりずっと安い。その後小劇場ブームのようなものがあった気がするので、小劇場芝居の料金は上がったかもしれませんが。

コロンビアというか、ボゴタはけっこう演劇が盛んのようです。新聞にも大小さまざまな演目の広告が出ていますし。これまでも興味がないではなかったのですが、私のスペイン語力で芝居を見るのはちょっと厳しいような気がする。言葉が理解できないかもしれないものにお金を払うのはもったいない。というわけで、行ったことはありませんでした。スペイン語の映画なら見に行くのですが、映画は映像で物語を補完しやすいのに比べ、演劇は言葉が果たす役割が大きいような気がします。

しかし今回、夫が例のアリアンサ・フランセサから、また何かのタダ券をもらってきました。正確には私が招待されたわけではないのですが、大丈夫だろうと言うので一緒に行ってみることに。

場所はセントロ、ガイタン劇場の前あたりです。ガイタン氏のミドルネームがどうしてもちゃんと覚えられません。

それはともかく、劇場の写真を公式サイトで見るとえらく上等に見えるのですが、この場所にこんな大きな建物、あったかな。

しかしその謎は行ってみたら解けました。入口は普通の家のドアの分しかありません。そういえば時々日本映画も上映される市の映画館の入口もそんな感じでした。セントロは古い建物を改造した公共の建物がたくさんあるようですが、ここもそのひとつのようです。

それはまぎれもなく古い建物でした。背の高い木の扉をくぐるとちょっとした土間。2段か3段の階段を上ってもうひとつの木の扉。その先はちょっとしたスペースがあり、左手は階段、斜め前に部屋があり、正面からは奥に向けて廊下が延びています。廊下の右は壁、左は部屋との間に窓があります。

上でリンクしたページの右側にあるのがこの「部屋」なんですが、まさにこのように丸テーブルがいくつも並んでいました。そればかりではなく、入場者にはワイングラスが手渡されました。

ただ、テーブル席がほぼいっぱいだったせいか、私たちはこの奥の階段席に追いやられました。この演劇、実際には日本語で言う「小劇場」とはちょっと違ったと思いますが(俳優がどうも有名な人らしかったので)、この階段席は小劇場気分を満喫させてくれるものでした。公式サイトの写真では階段席は手前にあって映っておらず、また、舞台はこの写真の右の壁際に作られていたので見晴らしも決して良くなかったのですが、後から考えると階段席はラッキーでした。芝居を見ている最中にだんだんひんやりした風が吹いてきたからです。観衆の熱気を冷やすエアコンが装備されているとはとても思えない場所だったので、たぶん外気だと思います。テーブル席はけっこう寒かったのではないでしょうか。そのためのワインだったのか。

このイベントはまたもフランス大使館の肝煎りか何かで、もともと無料のイベントだったようです。ワインが出たのはそのせいでしょう。

演目はアウシュヴィッツで亡くなったユダヤ人女性作家 Irène Némirovsky の Le Bal でした。

舞台といってもとにかく場所がさほど大きくないので必然的に小さく、ひょっとして朗読だけだったらどうしようと思ったんですが、実際には朗読と演劇の中間くらいで登場人物は4人、時に効果音も入り、幸い筋もさほど複雑ではなかったのでだいたい理解することができました。

雰囲気もちょっと変わっていておもしろかったのですが、あの建物が良かったです。いまだに新しいデジカメを買えていないので、結局写真は撮れていませんが(写真を撮っている人がいたので禁止はされていなかったようです)。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

無題

僕が現地で実現できていないのが
小劇場とライブハウス巡りなんですよ。
blogで知り合ったボゴタの女優さんに依ると、古典や朗読劇はかなり盛んなようですね。

ライブハウスや小劇場で写真を撮りフィルムを回すのがライフワークなんで、是非実現したいです。

無題

ライブハウスは日本でも行ったことがあまりないのでよくわからないのですが、ここの雰囲気からするとライブハウスも古い建物を改造したパターンはけっこう多いのではないでしょうか。
ぜひライブハウスと小劇場の撮影を実現させてください。

欧米ではよくあるようですが、日本では朗読をパフォーマンスとする機会は少ないですよね(私が知らないだけかも…)。
ブックフェアにからめたり、新刊が出た時などによく作者本人による朗読があったりするので、もう少しスペイン語がちゃんとわかるようになったら行ってみたいです。

無題

朗読、最近やっと日本でも認知されて来たような。フジテレビのアナウンサーが朗読劇を毎年やっていたりしますし、HIPHOPの影響かしばらく以前から「朗読ライブ」や「路上朗読パフォーマンス」はあります。あと近所の下北沢で深夜、「マンガ読み聞かせ屋」が出没します(笑)いずれもまだまだ一般人にはマイナーですが。

新刊書の作者に依る朗読、これはいいですね!
日本の作家は出てこないし、出て来ても握手&サイン会だけなんで。

こんにちは

中南米大好きな、神奈川県在住者です。ボゴタにも行きたいけど、遠いんですよね。年を取るにつれて、ますます遠くなる南米です。

無題

Tomasさんこんにちは。
来月からはちょっと更新もがんばりたいと思うので、よろしくお願いします。

無題

演劇が映画より安いかも!なんていいですね。日本は高くてとてもとても行かれません。
でも先日初めて寄席に行ってまいりました。(3500円でとてもリーズナブルでした)日展100周年記念の展示に鏑木清方が描いた落語家の円朝の日本画があり、その企画イベントとして桂歌丸師匠が一席お話くださいました。それがもう!芸術的で!初めて落語を聴いたのですが、声色を変えるでもなく、でもちゃんと人物が違うこともわかり、途中で合いの手を入れたり、本当にすばらしかったんです。なので、今回は寄席へ行ってみることにしました。楽しかったです。いっぱいいっぱい笑いました。

ところでこのMAPAのトップ画面、星の王子様はまあいいのですが、その下すごいですね!
日本でもオカマさんたちが四六時中テレビに登場しますが、コロンビアでも流行ですか?^^; 

無題

3500円でリーズナブルなんだ!衝撃です…(笑)
落語は生では聞いたことがないんですが、日本にいるとき、両親がよくラジオで聞いていたりしたのでときどき聞きました。
飛行機のオーディオサービスに落語があると懐かしくて聞いたりします。芸術ですよねー。

言われて気づきましたが、MAPAのトップ画面、私が見たときとは変わってます。
女装男性は普通に生活に溶けこんでいるようです。そういえば、2時間で(だったかな)どんな男性でも美女にしてくれる美容院のような場所があるとか。ネタとして書こうかと思ったんですが、ネットで情報が探せなくてやめました。でも新聞に載っていたので確かな情報です。

無題

歌舞伎座でやった鶴瓶は8500円なんですよ!場所柄もそうですし、テレビにもよく登場するので、仕方ないかもしれませんが、落語にこの値段はどうかと...

女装男性は普通にいらっしゃるのですか?
すご~い!見てみたいです!この画面同様とっても濃そうですね。^^;
男性を美女にしてくれるなら、女性もそれなりにしてくれるでしょうか?
行ってみたい~^^

無題

8500円! 場所のせいもありそうですが、それはすごい値段ですね。

一度、すごく普通の住宅地を歩いていたときに女性らしい人とすれ違ったら、夫がこそっと「今のは男だよ」といったことがあります。
私は顔とか見たわけじゃなかったので見てすぐわかるタイプだったのかどうかよくわかりませんでしたが。
あと、近所の美容院に行ったら、これは素顔だったせいか普通のお兄ちゃんの顔をした人が長いエクステを一生懸命つけてもらっているところだったこともあります。
しかし男性を「美女」にするのと、女性の美女とはまた違いますからね~。どうでしょう(^^;。すごく濃いお化粧をされそうな気が。

カレンダー

11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新コメント

(08/05 narumi)
(08/05 X^2)
(07/21 narumi)
(07/21 andaluza)
(07/20 narumi)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:
99年からボゴタ在住。
家族は現地人の夫と犬2匹。

バーコード

ボタン

<<年の瀬の買い物  | HOME |  パソコンを買う>>
Copyright ©  -- きまぐれコロンビア案内 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ