忍者ブログ

きまぐれコロンビア案内

コロンビア生活日記です

   

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


民間の保険に入らない場合の医療

コロンビアの生活にはアメリカのそれに似たところがあり(というほどアメリカのことは知らないんですが)、安全も医療も金で買うものです。

うちは民間の保険に入っているのでそれを通して医療サービスを受けるのですが、経済的に苦しいとか、体が丈夫なので民間の保険に入っても元が取れそうにないとかで民間の保険に入らないと、公共の医療サービスを受けることになります。

民間の場合は救急を除いて診察は予約制なので、基本的にはあまり待ちません。しかし公共の病院で診察を受けようと思うと、朝早くに行って並ばなくてはなりません。

知り合いの女性は最近、夫の兄の看護でときどき病院に泊まり込んでいるそうです。詳しく聞いていませんが、話の感じからたぶん公共医療。夫といっても彼女は夫とは死別しており、子どもたちにとってはおじですが、彼女にとっては赤の他人。病人本人が高齢であることやいろいろな事情から、他に世話をする人があまりいないようです(しかし彼女も亡き夫もまだ若い(若かった)ので、兄弟といっても異母兄弟ではないかと思われる)。頭が下がります。

本人はほとんど病院のベッドに寝たきりでずっと酸素マスクをつけられ、付き添いが下の世話までしなくてはいけないとか。

看護婦はいないのかと尋ねたら、患者30人に1人くらいだそう。彼女の印象なので正確な数字ではありませんが、とにかく少ないことは間違いないようです。

ただ、病院の建物や施設が見るも無惨に悲惨な状態かというとそうではありません(病院にもよるでしょうが)。一度、夫の従兄弟が入院してお見舞いに行った病院は、普通に小ぎれいな病院でした(もっとも、最近の新聞によると、この病院はコロンビアでも一番いい病院と評価されているよう。何を基準とした評価なのかは、記事の中身を読んでいないのでわかりません)。

また、医師は病院に所属しているわけではなく、市内で最高に高い病院と公共の病院を掛け持ちしている人もいるので、病院によって医療レベルに差があるというわけでもないようです。それでも、民間の方が効率的に、場合によっては公共のものよりも割安にサービスを受けられるということは言えそうです。

ところでその知り合いの女性が興味深い質問をしてきました。「日本では病気の人はあまりいないんですよね」と聞かれたのです。彼女がなぜそう思ったのかは謎です。平均寿命が高いからでしょうか。「いや、病気の人はたくさんいますよ。でも会社に勤めていると健康診断などを義務づけられるから、それで大病の人が少なくなることはありうるかも。でも自殺者はわりと多いし」と答えておきました。

あと、彼女の質問の背景には「日本食は健康的だ」という思いこみもあったようです。でもコロンビアの食事も、普通の家庭の食事なら米と肉、スープと芋や豆という感じで、比較的バランスが取れていると思いますが。ボゴタでは場所柄、魚はあまり食べませんけども。
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Color
Emoji Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Comment
Pass   コメント編集用パスワード
 管理人のみ閲覧

新型インフルエンザ

以前、麻生総理大臣が、「わが国の医療システムは、この新型インフルエンザにより、日本人が命を落とすようなことは絶対にないので、どうか安心してください」とテレビで声明を出されました。

この声明の背景には、都内で救急車に乗った妊婦さんが12カ所、病院をたらい回しにされて(受け入れ拒否)、挙げ句の果てには母子ともに死亡するという事故?(個人的には事件だと思っていますが)が2件起こり、医療に対しての不安、不信が国民の間に渦巻いていたのです。

コロンビアで24才の女性が新型インフルエンザで亡くなったことは、とても悲しいニュースで、涙が出ました。24才・・・、若すぎますよ。

こんな貧困な医療じゃ、僕は不安で、コロンビアで結婚して家庭を持てないですよ。
あ~、ミスコロンビアが僕の視界から遠ざかる・・・。socorro!!!

コロンビアの医療システムが国民の生命を守るレベルに達していないのには衝撃を感じました。

当時、日本の医師団の記者会見では、「日本はワクチンが豊富にあるので、100%生命の危険はありませんので、ご安心ください」という見解でした。

しかし、日本では、小児科医と産婦人科医が極端に不足している状態です。労働の割に報酬などの待遇が悪いのが原因のようです。

僕は子供でもないし、妊婦のようにお腹が出ていませんが、腰や背中に永続的な激痛が走りもう人生は終わったと思ったことがあります。

自衛隊員でもないのに、歩伏前進しながら電話機にたどり着き獲得した救急車の中で、約50分間救急隊員と病院側との、たらい回しの電話のやりとりを空しく聞いた経験があります。

僕の時の、たらいまわしの電話内容は、僕の保険が社会保険か国民健康保険かという種別説明と(つまり、無保険は完全にどこの病院も拒否ですね)自力で歩けない状況の説明、(単なる酔っぱらいかどうか病院側で疑ってかかっていて、救急隊員を信用していない雰囲気)と、最悪なのは、救急隊員が携帯で病院に電話をする度に最初から同じ話をする始末><

オンラインでコンピューター表示してくれよぉ、と思いました。

死んだ方がマシ、というほどの激痛でしたので、日本の医療受け入れ体質が実は最悪、に悲しくなりました。

無題

日本の医療の問題はネットでもよく見かけます。
吉原さんがたらい回しされたような事例も珍しくないんでしょうか。対応する人によっても違うんでしょうね。その辺はコロンビアでも同じで、当たりはずれはあると思います。

TRACKBACK

Trackback URL:

カレンダー

12 2018/01 02
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新コメント

(08/05 narumi)
(08/05 X^2)
(07/21 narumi)
(07/21 andaluza)
(07/20 narumi)

ブログ内検索

プロフィール

HN:
narumi
性別:
女性
自己紹介:
99年からボゴタ在住。
家族は現地人の夫と犬2匹。

バーコード

ボタン

<<フルーツサラダ  | HOME |  スペイン語の試験(DELE)>>
Copyright ©  -- きまぐれコロンビア案内 --  All Rights Reserved
Design by CriCri / Powered by [PR]
/ 忍者ブログ